コンテンツ

相続税・贈与税の改正情報

平成25年度税制改正大綱が公表され、相続税は格差是正と富の再分配機能の回復を図る観点から、課税が強化される方針が示され、平成25年1月から開催されている第183回通常国会で相続税の改正案が可決・成立しました。これにより、平成27年1月1日以後の相続から基礎控除額、相続人一人当たりの控除額が従来の6割程度に引き下げられ、相続税の課税が強化されることになります。
相続税の課税強化まで残り2年を切った今、その時が来たときに後悔しないよう、適切な相続税対策を行っておきましょう!

第183回通常国会で成立した改正相続税法の主な内容

基礎控除の引き下げ

基礎控除が4割縮小 基礎控除は従来の「5,000万円+1,000万円×法定相続人数」から「3,000万円+600万円×法定相続人数」に引き下げられます。

法定相続人数 現行 改正後
相続人1人 6,000万円 3,600万円
相続人2人 7,000万円 4,200万円
相続人3人 8,000万円 4,800万円
相続人4人 9,000万円 5,400万円

最高税率の引き上げ

最高税率を50%から55%に引上げ!
税率区分を6段階から8段階に細分化!

現行 改正後
相続税の課税標準 税率 控除 相続税の課税標準 税率 控除
1,000万円以下 10% 1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円 3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円 5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円 1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円 2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 50% 4,700万円 3億円以下 45% 2,700万円
      6億円以下 50% 4,200万円
      6億円超 55% 7,200万円

贈与者の年齢要件の引き下げ

相続税法改正により対象範囲が広がります!

要件 改正前 改正後
贈与税(増産をあげる人) 65歳以上 60歳以上
受贈者(財産をもらう人) 20歳以上の子
子が亡くなっている場合は20歳以上の孫でもよい
20歳以上の子
プラス20歳以上の孫